上位の等級を取るメリット

後遺障害認定では1級から14級までの等級に振り分けられ、認定された場合にはどの等級になるのかが伝えられることになります。認定等級で多いのが14級ですが、これは軽度の後遺障害になります。それに対して重篤な後遺障害が残り、認定された場合1級に近づいていきます。それぞれの等級ではその後の賠償額に直接影響を与えてきます。等級が上がるほど賠償額はおおきくなっていきます。そのため思っていたよりも低い等級に認定された場合には異議申し立てによって再度認定を依頼しなければなりません。

上位の等級に認定されるメリットは賠償額が大幅に上がるという点になります。しかし中には予想よりもはるかに低い等級になってしまうケースも多く見られます。ですから後遺障害認定ではできるだけ納得できる等級を取るように努力していく必要があります。等級が1つ違っただけでも賠償額は違ってきます。

後遺障害認定を受ける際には、特に重要なのが後遺障害診断書の内容です。この中には現在残存している後遺障害に関する所見を書くことになります。多覚症状の項目では検査の結果などを書いていきます。自覚症状の欄には自分の現在の症状を書くことになりますが、この欄は今残存している症状を全て書かなければなりません。また日常で困っていることなども合わせて記載します。この欄は被害者が必ず考えて書かなければなりませんし、内容次第で認定結果が大きく変わってきます。