後遺障害が残ったら

交通事故被害者になった場合、入院や通院をしばらくすることになりますが、治癒になれば完全に傷みなどがなくなるので特に問題はありません。しかし何らかの痛みなどが残存した場合には後遺障害が残ったと表現されます。一般的に通院や入院をしても症状の改善が見られない場合、症状固定となってその時点で一度治療は打ち切りとなります。その後は自分の加入している健康保険を使いながら自費で通院をすることになります。

症状固定になったら相手方保険会社と示談交渉を行う、または後遺障害認定を受けるための手続きを行うかの選択になります。後遺障害の認定は主治医が行うのではなく、損害保険料率算定機構が行います。ここでは全国から送られてきた後遺障害認定の手続きに関する書類などを見ながら認定作業を行う場所です。損害保険料率算定機構に向けて必要な書類を送る作業を行っていきます。その際にはカルテや診療報酬明細、画像データや後遺障害診断書などを集めていきます。全て必要な書類が集まったら一式にして損害保険料率算定機構に送ります。

その後後遺障害の認定結果が送られてきます。その際に認定された場合、後遺障害の認定等級とその理由が伝えられます。また非該当だった場合も同様にその理由が伝えられます。万が一認定結果に納得がいかない場合には再度異議申し立てを行います。そして認定か非該当の結果が再度伝えられることになります。この流れによって後遺障害認定がなされます。